頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみは、シャンプーなども原因

頭皮のかゆみは、難しく言うと化学物質による反応とかがあるそうです。

 

化学物質というと少し難しいですが、シャンプーとか、美容院とかで髪を染めるときの染料などが頭皮にしみたりするなどが関係していることが多いようです。

 

特に普段一番使用しているシャンプーでは、シャンプーのすすぎが少なかったりするとシャンプーの洗浄成分が頭皮に残りやすいので、すすぎを丁寧にしていくとシャンプーの洗浄成分も残りにくくなり、かゆみ対策にも良いと思います。

 

またシャンプーを何回も行ったりするとやはり頭皮が乾燥してかゆみが起きやすいです。

 

シャンプーは多くても1日1回程度にしておきながらすすぎを多くしていくとよいでしょう。

 

シャンプーに使用されている洗浄成分でもすすぎの回数や必要性は違います。一般的に石鹸にメリットが多いと言われていますが、泡切れが良いので、すすぎの回数は少なくなりやすい傾向があったりします。また感覚的にも軋んだ状態ですすぐのですすぎが甘くなりやすいです。

 

一方のアミノ酸系ではぬめり具合が取れにくい傾向のあるシャンプーもあるのですすぎの時間が長くなったりすることもあるでしょう。個人差がありますが、すすぎを少し意識して行ってみても良いと思います。頭皮がかゆくなって抜け毛が多い方は、アミノ酸系の洗浄成分を使用した育毛のためのシャンプーを使用していくと両方のケアが行えるので良いかもしれません。

頭皮のかゆみ解消に良いシャンプーは?

シャンプーで頭皮がかゆみが出る場合には、頭皮も外部の刺激から守るために肌バリアというバリア機能があります。

 

肌バリア機能が低下するとかゆみが出たりしやすいのは、頭皮以外にも体のどこでも起きやすくなります。

 

頭皮上ではやはりシャンプーの洗浄力に大きく関係してくるでしょう。

 

肌を含めた頭皮には水分が多くありますが、洗浄力が強いシャンプーだと水分がなくなってしまって、乾燥しやすくなります。肌バリア機能も低下しやすいので、かゆみが出やすくなります。

 

ですのでシャンプーではアミノ酸系シャンプーなどに変えることで汚れだけを落とすように頭皮上の水分量を落とさないようにしていくのが効果的です。

頭皮のかゆみ解消にはアミノ酸系のモンゴ流シャンプー

頭皮のかゆみが気になる方にオススメのシャンプーはモンゴ流シャンプーです。いろいろなスカルプシャンプーはありますが、モンゴ流シャンプーの大きな違いというのは頭皮に良い成分が豊富に含まれています。

 

血行促進成分だけが多く配合されていてもあまり効果はないですが、抗菌作用や抗炎症作用などシャンプーにはいろいろな成分が含まれています。それらの成分がバランスよく配合されているというのがモンゴ流シャンプーの特徴です。

 

アミノ酸系洗浄成分を使用しているという点とノンシリコンで頭皮にフタをしないスカルプケア目的のシャンプーなので、かゆみ以外にも抜け毛予防などに活用したい方にむいています。

 

毎日のシャンプーを良質なシャンプーでスカルプケアできると不安もなくなりやすいので良いですよね。アミノ酸系洗浄成分を使用しているので、汚れはしっかり落としながら頭皮には刺激につながりにくいので毎日のケアには最適です。

 

最近は女性の薄毛が増えていると聞きます。頭皮も何かと臭いやフケなどのトラブルも増えてきているようです。女性の方が水分量が多く皮脂が少ないけどストレスとかで皮脂量が多くなって脂性とか臭いを気にする人は増えてきています。

そのせいか以前には育毛剤と言えばお父さんたちが使う物という印象がありましたが、最近は女性用のものも増えています。
ただ、直接肌に付ける物なので、十分に選んで安心して使える物を選びたいものです。
また、どんなに成分の良い物であっても、頭皮の状態が悪ければあまり効果は期待できないとも言われています。
そこで、育毛剤を選ぶ前にまず頭皮の状態を整えてみるのはいかがですか。
具体的には毛穴に汚れや皮脂が詰まった状態では抜け毛の原因にもなりますし、髪に十分の栄養が行き渡らず、髪のコシやツヤもなくなり、髪が細くなってしまうものです。
そこで、まずスカルプ効果のあるシャンプーを使ってみるのもひとつの手です。スカルプ効果のあるシャンプーではアミノ酸系洗浄成分を使用しているので頭皮にも最適です。また頭皮のかゆみが気になる人にも使用しやすいのが特徴でしょう。
しばらくして抜け毛が減るならそれで少し様子を見てみるのも手ですよね。
それほど変化がないようなら、引き続き頭皮の状態を整えながら、安心できる育毛剤を使ってみるのもいいでしょう。